相場が読めない、それなら日経225のインデックス投資にトライ

テロ、EU離脱問題、アメリカ大統領選・・・世の中は何が起こるか分かりません。
その国に住んでいる人はもちろんですが、このようなトラブルは投資家にとってもかなりの痛手となります。
例えば、アメリカの株価指数が下がれば日本にも確実に影響が出る、というのは過去の流れからもよく分かっていることです。
そんなことが起こるとは誰も予想できないため、想定外の事態に大損してしまう投資家が増えている中、着実に設けている投資家たちもいるのです。

その投資家たちに共通しているのは、インデックス投資をしている、ということです。
そんなにすごいインデックス投資ってどんなものなのでしょうか。

インデックス投資というのは、日経225やTOPIXなどの株価指数と連動するファンドを毎月積み立てて購入していくという方法です。
一見地味に見えますが、これこそが確実に資産を積み上げていくためのポイントなのです。

今、相場を読むのは非常に難しいと言われています。
しかし、インデックス投資であれば、まだあまり相場が読めないという初心者投資家にも向いているのです。
インデックス投資は、短期型ではなく長期型の投資になります。
しっかり長期間積み立てていけば、実は相場などに関係なく、リスクヘッジができるのです。
短期で大きく儲ける方法にはなりえないのですが、ただ銀行口座に入れて1%にも満たない利息を細々とつけてもらうよりはこちらの方が確実に資産を積み上げていくことができます。
定期預金の代わりにという感じでやっていくのがお勧めです。
もちろん投資ですから、多少のリスクはあると考えてもらう必要はありますが、インデックス投資の方がそのまま銀行に置いておくよりも増える可能性があります。

日経225などは、1つの会社ではなく、225社の株価指数の平均となっているのですでに分散されており、リスクが低い投資となっていますが、さらにいろいろな株価指数に分散して投資を行うことによりさらにリスクを下げることも可能です。


日経225を分析する投資家はファンダメンタルズを知る

日経225を考える時、投資家によっては、何をどう分析すれば確実に利益を生み出せるのか、いかにして損益を少なくするか、という現実問題をしっかり考慮していないこともあるでしょう。
実際、株のセミナーなどはインターネット上で一部の専門家の方達が行っています。
しかし、本当に投資家の方達に味方してくれるのは数字だとシビアに考える方もいるでしょう。
日経225の会社や企業の株価と資産、資金の価値の差額を見つけ出すことで未来が分析できますが、ファンダメンタルズ分析と言ってもあくまでも一つの理論であり、単なる分析方法なので絶対ではありません。

ですが色々な分析をすることで株式、株価の価値も価格もわかってきます。
株価指数だけを確認して落胆したり、喜んでいたりしても先は見えてこないので、まず優先して日経225の会社と企業の経営状態を考えるのも大切だと思います。
ファンダメンタルズは簡単に言えば資産価値、純資産価値なので、実際は数字だけではわからないという方達には向いていない分析方法です。
しかし、これは同時に経営状態を表すものでもあるので、投資家の方達が投資する時の参考になるのではないかとも思われるのです。

投資家心理、という言葉を耳にすることがあります。
いくら時代が変わろうと投資家の方達は昔も今も、そして未来もその動きに落胆したり喜んだりするのでしょう。
投資というものは一つの挑戦であり、100%安定はなかなか得られないと思います。
色々研究し尽くしてきているであろう投資家の方達は、ファンダメンタルズが株価や、日経225に対してかなり有効な情報だと感じる、という人もいればそうではない、という人もいます。

投資方法として色々な方法がありますが、投資家の方達は「株で一ヵ月で1000万円楽に稼げる」等という謳い文句に惹かれてお金をつぎ込まないでくださいね。
そんなことをするのであれば、例えば5年なら5年かけて一度も投資しないで、ただひたすらにファンダメンタルズを研究して書籍を出す方が得策だと思います。
もちろん、それも確実に売れるという証拠はないですが・・・。

楽しく投資して、楽しく続けるというのは投資家心理にはとても良い作用があると思います。
いつも不安定で、株価動向だけを見ながらあくせくしているのでは精神的も良くありませんから、心のためにも生活のためにもなる良い投資をするように心がけてみてください。


株式投資する人にも主婦にも魅力的なくりっく株365

株式投資と聞くと、何となく、スーツでびしっと決めた社長さんなんかがいかめしい顔をしながらやっているイメージがあります。
実際、昔は本当に大きなお金を持っている人がやっていたように思います。

ところが今ではOLさん、主婦の方、そしてフリーターの方が株式投資についての本を出していたりしますよね。
誰もが比較的簡単にトライできるものへと変わって来たようです。
誰もが自分の大事な資産を何とかして増やそう、としているのが伺えます。

では自分も、と思った際に何となくとっつきやすいのがくりっく株365です。
名前にひらがなが使われていて妙にかわいらしさを感じます。
しかし、その柔らかい雰囲気に騙されてはいけません。
実は、くりっく株365は東京金融取引所に上場しており、日本でたった1つだけ、公的な取引所による株価指数証拠金なのです。
ちゃんと取引所CFDという難しい名前もついています。

くりっく株365の最大の魅力は、何と言っても、少額の資金で高額の取引ができてしまう、という点です。
それに加えて、24時間取引可能。
そのため、どんな仕事をしている人でも手を出しやすいのです。
仕事やパート、家族の世話が終わってから。
かけもちバイトの合間にでもささっとやることができるのはかなりうれしいことです。

このくりっく株365は大きな株式投資をしている人も、リスクヘッジの手段として併用している率が高いようです。
例えば、株式市場が大きく値下がりして個別の株式銘柄で損をしてしまったとしても、くりっく株365を売建しておけば、その利益で補てんすることも可能になるのです。
それは、やはりくりっく株365が他と違って「売り」からでも取引を始めることができるからでしょう。

大事な資産を増やすためにも有効、そして大きな株式投資をする際の保険のような使い方もできるくりっく株365。
どんな職種の人にも、どんな生活サイクルの人にもチャレンジしやすい、となると、もっと詳しく知ってみたくなりますね。


日経225を始めるなら“くりっく365”が使いやすい

「株を始めたいけれど損はしたくない」、「ざっくりは分かっているつもりだけれど専門的なところまで詳しくない」という方にお勧めの“くりっく株365”。日本初の公的な取引所による株価指数証拠金取引として、初心者の方から上級者の方まで利用しています。くりっく株365では利用する投資家にとって有利になるような制度や仕組みを採用しています。まずは、くりっく株365の特徴を押さえておきましょう。

ちなみに日経225の株価指数証拠金取引はくりっく株365以外にも、大阪取引所の“日経225ミニ”があります。2つの大きな違いは取引期限、取引時間の長さ、取引成立方法、金利・配当相当額など様々です。結論から言えば、くりっく株365のほうが利用しやすく、メリットも大きいように思えます。何と言っても、取引期限なしで、決済に追われず済むので、じっくり投資ができるのが魅力です。
しかも、取引時間はほぼ24時間、開かれています(8時30分~翌6時まで)。祝日も取引できるので、忙しい人にもピッタリ!

さらに、くりっく株365ではレバレッジ取引も可能なので、少額の資金で取引を開始することができます。様々なメリットがあるので日経225を始めたい方、初めての方も安心して取引開始することができるでしょう。

くりっく株365を使った日経225証拠金取引の詳細はこちら


くりっく株365、その魅力とは?

くりっく株365は、個人投資家たちから人気を集めている商品です。これは、個別の銘柄の株取引ではなく、あくまでも経済指数での取引になるのですが、日経平均だけではなく、ドイツのDAXや、英国の株価指数であるFTSE100を、同一の口座で扱えるのも特徴です。

くりっく株365は、日本で最初の公的な取引所による、株価指数証拠金取引(CFD)ということになります。東京金融取引所に上場している「くりっく株365」は、取引所取引ならではのメリットを数多く持っており、ゆえに多くの投資家から支持を集めています。その特徴をいくつか述べると、24時間の取引が可能であり、かつ、取引の期限が決まっていない点が最初に挙げられます。24時間ということは、日本の証券市場が、取引外の時間であっても、海外の指数に反応しながら、取引が出来ると言うことです。

また、一定の銘柄の「買い」ポディションを維持している間に、配当が発生した場合は、その配当を受け取ることが出来るのも、大きな魅力です。逆に、「売り」のポディションにいる際には、同額の配当金を逆に支払うことになってしまいますので、注意が必要となります。会社によっては、取引を希望する方の家に、訪問説明をしているところもありますので、詳しく聞いてみたいところです。


日経225はチャートで動向をチェック!

日経225先物取引をするにしてもFXをするにしても、チャートの確認は常に行わなければいけません。チャートの確認を怠れば、損失に繋がる恐れもあるので事細かくチェックすると良いでしょう。今回は日経225先物取引を行う際には絶対に知っておきたいチャートについて勉強してみましょう。

そもそもチャートは、過去の為替ルートの値動きを価格と時間帯に分けてグラフ化したものです。要は、為替相場の日々の値動きがパッと見ただけで分かるようになっている、ということ。ちなみにチャートには幾つか種類があり、“ラインチャート”や“バーチャート”、“平均足チャート”、そして“ローソク足チャート”が一般的と言えます。日本の企業のほとんどはローソク足チャートにて値動きを発表していますが、これは一目で1日の始値、終値、高値、安値を知ることができるからです。見た目もスッキリしているので、知りたい情報を確実に得られ利用しやすいのでしょう。

日経平均株価は常に変動する為、動向を把握する必要があります。例えば急激な為替の変動やNYダウの急落、それに原油価格の高騰などによっても株式市場全体に大きな影響を及ぼしてしまいます。急に変動した場合、迅速に対応できるようにする為にもチャートには目を向けておきましょう。日経225先物取引ではもちろん、FXを始める方も要チェックです。


日経平均(日経225)に連動しているインデックス投信

日経平均(日経225)に連動して作られた投資信託に、“インデックス投信”(インデックスファンド)というものがあります。日経平均(日経225)に携わった資産運用にはインデックス投信だけでなく、日経225先物取引やCFDなどもありますよね。しかし実際に利益を上げるのは難しく、特に素人の個人投資家や初心者にとっては困難を極める資産運用とも言われています。その点、インデックス投信は特別な知識や経験が無くても投資すれば良いだけなので、初心者向きと言えるでしょう。日経平均って何?経済のことは苦手で良く分からない…、という方でも日経225などの市場と同様の運用成績を得ることが可能となります。

ちなみにインデックス投信は日経225以外にも東証株価指数の“TOPIX”や、日本を除く世界主要先進国22ヶ国を対象にして算出し公表された株価指数の“MSCI コクサイ指数”なども対象です。市場が上昇すれば利益に変わりますが、当然、下降することだってあります。短期間の投資は浮き沈みがあり、最初の頃は不安に感じる方もいるかもしれません。しかし長い目で見れば、効率的な資産運用ができるのでメリットは十分に感じられるでしょう。


リンク債って、なんだろう?

リンク債という債券を、最近、よく聞きますが、これはなんでしょう?一般の債券とは何が違うのでしょうか。例えば、日経225(日経平均)のリンク債というのも売られていますが、これは、日経平均株価の変動率によって、債券の償還金額や、利率が、連動して変わっていくというタイプの、少し変わった債券です。

償還金額であれば、期間中に日経平均株価が、あらかじめ決められた水準以下になってしまうと、額面金額もまた、変動した形で、償還されてしまいます(これをノックインと言います)。もちろん、水準を上回った場合は、それが額面金額に反映されて来るのです。

また利率の場合で言えば、これも日経平均株価が、決められた水準より高くなると、その分だけ利率が高くなります。株価が、決められた水準を下回ってくると、今度は利率もそれだけ低くなる、という意味で、日経225と、債券の性質がリンクして変わっていくのです。

これは何も日経平均などの一般的な指数に限られるわけではなく、原油の先物リンク債や、エコリンク債と言われる排出権先物価格連動債券が出回り、世界的にも、多くの投資家を集めているものです。債権でありながら、そこに流動性がうまく付与された、魅力的な商品が多いです。