日経225を始めるなら“くりっく365”が使いやすい

「株を始めたいけれど損はしたくない」、「ざっくりは分かっているつもりだけれど専門的なところまで詳しくない」という方にお勧めの“くりっく株365”。日本初の公的な取引所による株価指数証拠金取引として、初心者の方から上級者の方まで利用しています。くりっく株365では利用する投資家にとって有利になるような制度や仕組みを採用しています。まずは、くりっく株365の特徴を押さえておきましょう。

ちなみに日経225の株価指数証拠金取引はくりっく株365以外にも、大阪取引所の“日経225ミニ”があります。2つの大きな違いは取引期限、取引時間の長さ、取引成立方法、金利・配当相当額など様々です。結論から言えば、くりっく株365のほうが利用しやすく、メリットも大きいように思えます。何と言っても、取引期限なしで、決済に追われず済むので、じっくり投資ができるのが魅力です。
しかも、取引時間はほぼ24時間、開かれています(8時30分~翌6時まで)。祝日も取引できるので、忙しい人にもピッタリ!

さらに、くりっく株365ではレバレッジ取引も可能なので、少額の資金で取引を開始することができます。様々なメリットがあるので日経225を始めたい方、初めての方も安心して取引開始することができるでしょう。

くりっく株365を使った日経225証拠金取引の詳細はこちら


くりっく株365、その魅力とは?

くりっく株365は、個人投資家たちから人気を集めている商品です。これは、個別の銘柄の株取引ではなく、あくまでも経済指数での取引になるのですが、日経平均だけではなく、ドイツのDAXや、英国の株価指数であるFTSE100を、同一の口座で扱えるのも特徴です。

くりっく株365は、日本で最初の公的な取引所による、株価指数証拠金取引(CFD)ということになります。東京金融取引所に上場している「くりっく株365」は、取引所取引ならではのメリットを数多く持っており、ゆえに多くの投資家から支持を集めています。その特徴をいくつか述べると、24時間の取引が可能であり、かつ、取引の期限が決まっていない点が最初に挙げられます。24時間ということは、日本の証券市場が、取引外の時間であっても、海外の指数に反応しながら、取引が出来ると言うことです。

また、一定の銘柄の「買い」ポディションを維持している間に、配当が発生した場合は、その配当を受け取ることが出来るのも、大きな魅力です。逆に、「売り」のポディションにいる際には、同額の配当金を逆に支払うことになってしまいますので、注意が必要となります。会社によっては、取引を希望する方の家に、訪問説明をしているところもありますので、詳しく聞いてみたいところです。