相場が読めない、それなら日経225のインデックス投資にトライ

テロ、EU離脱問題、アメリカ大統領選・・・世の中は何が起こるか分かりません。
その国に住んでいる人はもちろんですが、このようなトラブルは投資家にとってもかなりの痛手となります。
例えば、アメリカの株価指数が下がれば日本にも確実に影響が出る、というのは過去の流れからもよく分かっていることです。
そんなことが起こるとは誰も予想できないため、想定外の事態に大損してしまう投資家が増えている中、着実に設けている投資家たちもいるのです。

その投資家たちに共通しているのは、インデックス投資をしている、ということです。
そんなにすごいインデックス投資ってどんなものなのでしょうか。

インデックス投資というのは、日経225やTOPIXなどの株価指数と連動するファンドを毎月積み立てて購入していくという方法です。
一見地味に見えますが、これこそが確実に資産を積み上げていくためのポイントなのです。

今、相場を読むのは非常に難しいと言われています。
しかし、インデックス投資であれば、まだあまり相場が読めないという初心者投資家にも向いているのです。
インデックス投資は、短期型ではなく長期型の投資になります。
しっかり長期間積み立てていけば、実は相場などに関係なく、リスクヘッジができるのです。
短期で大きく儲ける方法にはなりえないのですが、ただ銀行口座に入れて1%にも満たない利息を細々とつけてもらうよりはこちらの方が確実に資産を積み上げていくことができます。
定期預金の代わりにという感じでやっていくのがお勧めです。
もちろん投資ですから、多少のリスクはあると考えてもらう必要はありますが、インデックス投資の方がそのまま銀行に置いておくよりも増える可能性があります。

日経225などは、1つの会社ではなく、225社の株価指数の平均となっているのですでに分散されており、リスクが低い投資となっていますが、さらにいろいろな株価指数に分散して投資を行うことによりさらにリスクを下げることも可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>